自宅脱毛人気ランキング

自宅で脱毛。あなたはクリーム派?脱毛器派?

 

自宅で脱毛する方法を決めるときに何を条件にして決定しますか?

 

条件は効果・費用・完了までの時間と大きく分けてこの3つになります。

 

脱毛アイテムは、脱毛クリームと脱毛器と2つに分かれます。

脱毛の効果に関しては、やはり毛穴に直接働きかける、脱毛器のほうが期待できます。
しかしカードリッジを交換する時には別料金なので、脱毛器は値段がかかります。
即効性があり、価格も安い脱毛クリームも自宅での脱毛手段として人気があります。

 

このサイトでは自宅で脱毛をお考えの方にとって耳寄りな情報を紹介をします。

 

脱毛器のランキングをみる脱毛クリームのランキングをみる

 

家庭用脱毛器は自宅で脱毛するなら最強のアイテム

 

家庭用の脱毛機は今ではさまざまな会社からさまざまな種類が発売されています。あまりにも選択肢が多くてとどれがいいか分からないほどです。

 

そこで、口コミや感想をもとに家庭用の脱毛機のお勧めランキングをご紹介したいと思います。購入されるときの参考になるとうれしいです。
自宅で脱毛をするなら今家庭用脱毛器がとって人気があり、その価格の安さと、脱毛サロンに負けない脱毛パフォーマンスがもてはやされています。

 

家庭用脱毛器価格ランキング

家庭用脱毛機 ケノン

73,800円(参考価格)

脱毛器

高性能脱毛器 ケノン

自宅脱毛器

 

ケノンは多くのランキングサイトでも、上位を占める脱毛機のひとつです。
それにはそれなりの理由があります。ケノンは、痛くなく、熱くないんです。

 

脱毛器は、脱毛機特有のビビっとくる痛みがあるのが普通です。機械によっては、耐えられない痛みのときもあります。ですので痛みに弱い人にはとってもお勧めです。
ほかの脱毛機と違うメリットは、ほとんどの部分の脱毛ができることです。

 

 

 

日本で一番売れた脱毛器 no!no!HAIR(ノーノーヘア)

28,381円(税務き)

no!no!HAIR(ノーノーヘア)

ノーノーヘアースマート

肌にやさしい家庭用脱毛器

400万台の販売実績があるノーノーヘアの特徴は、1箇所ずつ丁寧に脱毛することのできる人は、高い脱毛効果が期待できます。肌への刺激もすくなく、しかも満足できなかった場合には、自信の14日間返金保証の付いている商品です。確実な効果があるからこのようなシステムになっているのでしょうね。

 

家庭用脱毛機 センスエピ
 

39,960円(参考価格)

センスエピは脱毛効果についていえば、ケノンを上回るという人もいます。

 

ただし、痛みや熱さが平気な方ならお勧めの1台です。即効性があるので、人によっては2回目が終わったあたりでムダ毛に変化が現れる人もいます。

 

場合によっては、信じられないくらい急激にムダ毛がなくなることもあります。ただ痛みに弱い人にはお勧めできません。あくまでも、脱毛に対して即効性を求める人にとってお勧めなのがセンスエピです。本体がとってもコンパクトなので、管理がしやすいです。

 

脱毛クリームの長所と特徴

 

脱毛器と比べて脱毛クリームの長所と特徴はその費用の安さと、効果が早いということでしょう。
脱毛器では来週の海には間に合いませんが、脱毛クリームなら、明日の海にも間に合います。
しかも価格も手ごろなものが多くいいことずくしなのですが、欠点としてはその効果が持続しにくいということでしょう。やってもまた生えてくるんです。
あとは、成分が合わない人は、使用すると肌荒れすることがありますので、自分に合った脱毛クリームをきちんと選ぶことが大切です。

 

脱毛クリーム人気ランキング

9種類の美容成分配合【ディー・レジーナ・エピ・プレミアム】

ディー・レジーナ・エピ・プレミアム

除毛クリーム

毛と肌に最適な除毛クリーム

毛髪のプロと美容のプロが共同開発した、ディー・レジーナ・エピ・プレミアム。使い方もとっても簡単で、除毛クリームによくあるいやなにおいもありません。しかも繰り返し使うことで、次の毛が生えにくくなり、ツルツル美肌になることができます。これだけ人気の分かりやすい脱毛クリームはほかにはないです。

≫ 体験者の声を見てみる

脱毛サロンで使用しているワックス アンジェリカワックス

アンジェリカワックス

ANGELICA WAX

全身どこでもつかえます。

ブラジリアンワックスの最大の特徴は、全身どこでも使用可能というところです。しかも根毛化から脱毛しますので、効果も抜群です。
使用方法はワックスを直接塗ってムダ毛を絡め取るのですが、少し痛みを伴います。しかし今人気のVIO脱毛にはもってこいのブラジリアンワックスです。

 

≫ 体験者の声を見てみる

自宅でエステ!?【パイナップル豆乳ローション】

パイナップル豆乳ローション

【鈴木ハーブ】女性誌で話題の自然派コスメオンラインショップ!天然成分使用のコスメがいっぱい

抜かない、剃らない肌にやさしいムダ毛対策

化粧水としてもる買えるパイナップル豆乳ローションはその脱毛効果もさることながら、美肌効果もあるという人気の脱毛ローションです。
ない年夏になると多くの女医精子でその効果を紹介されています。日常のスキンケアをしながら、ムダ毛の処理もできるのでこんな商品がほしかったという方がとっても多いです。

≫ 体験者の声を見てみる

 

家庭用脱毛器ブーム

 

女性の大きな悩みのタネであるムダ毛。
生まれつき体毛が薄くて、腕も脚もまったくの未処理。という方もいなくはないですが、かなり稀ですよね。
女性の肌は何もしなくてもつるつるなんて理想でしかなくて、お年頃になれば抜こうか剃ろうか。と頭を悩ませるものです。
そんな女性の強い味方、家庭用脱毛器の性能がぐぐっと高まっていますよ。

 

 

脱毛ではなかった!

 

家庭用脱毛器と呼ばれるものは、ずいぶん昔から存在していました。
おそらく20数年前には一般の家電量販店でも『脱毛器』と名のつくものは販売されていたと思います。
形状としては高速回転するコイルが、ムダ毛を絡め取って引っこ抜いていくというものでした。
これは海外製の輸入品でしたが、それから僅か数年で国産の脱毛器が作られるようになり、コイル部分がプレートへと変化しました。
ですが、どちらにしても無理やりムダ毛をまとめて引っこ抜くので、痛いんです。
10本の毛抜きで間髪入れず、否応なしにぶちぶち抜かれているようなものだと思っていただければ想像しやすいでしょう。
痛みの感じ方は人それぞれですが、正直悶絶するレベルです。
それでも、カミソリで剃るよりもずっと綺麗な状態が長持ちすることもあって、脱毛器の人気は高かったですよね。
ただ、後々よく考えてみると解るのですが、これらの脱毛器は『脱毛』ではなくて『除毛』だったんです。

 

 

除毛から脱毛へ。

 

脱毛と除毛の違いがなんであるのか。ということになりますね。
簡単にいえば、ムダ毛が何度でも再生してくる処理の方法を『除毛』。ムダ毛を再生させなくする処理方法が『脱毛』です。
かつての家庭用脱毛器は、ムダ毛を抜いてはいましたが、発毛するシステムを壊してはいないので、ちょっと長持ちする『除毛』でしかなかったんですね。
ですが、現在人気の家庭用脱毛器は、除毛ではなく『脱毛』が可能になりました。
一時的なムダ毛処理ではなく、家庭でもムダ毛の根本を攻撃することができるようになったんですね。
脱毛サロンやクリニックに頼るしかなかった脱毛が、自宅でもできるようになったことはとても大きな進化だと思います。

 

 

一番の利点。

家庭用脱毛器の人気の秘密は、効果の高さももちろんですが、人目を気にせず自己処理が可能だということですよね。
脱毛する部位にもよりますが、いくら施術してくれるスタッフがプロだとはいえ、人に肌を見せるのは恥ずかしいという方も多いと思います。
サロンやクリニックに通う時間や手間なども必要なく、好きなときに自分で脱毛ができることが最大の長所なのではないでしょうか。

 

全身脱毛にかかる時間、期間は?

 

全身脱毛にかかる時間や期間は、もちろん人によって異なります。しかし、目安としては大体毎月1回か2回の施術をし、それで1年以上かかると言われています。
逆にいえば、早い人なら月1回の施術を1年したら完了というわけです。

 

期間にしたら1年ということですが、実際にサロンに通っている時間はほとんどないわけで、脱毛に費やす時間自体はさほど大したものではない、と考えていいでしょう。

 

 

 

全身脱毛にかかる料金は?

 

 

これはサロンによって異なりますが、大体10万円前後あればできると言われています。

 

というのは、月額9000円程度で全身どこでも脱毛できるというコースが、ミュゼプラチナムなど大抵のサロンの目安となっているからです。

 

これを12ヶ月受けたら大体10万円ちょっとですので、これが全身脱毛にかかる費用の目安ということができるでしょう。

 

 

全身脱毛で障害となる部分は?

 

 

全身脱毛で一番やっかいな部分は、やはりVIOラインでしょう。

 

いわゆるVラインやOライン、つまりお尻周りや、股間のお尻に至る部分のIラインという場所です。これらの箇所は施術がしにくいのに加えて料金も高いですし、少し人に見せづらいということもあっって、脱毛が後回しになる方も多いようです。

 

ただ、最近では多くのサロンでこのVIOラインも含めた全身脱毛のプランを提供しており、価格面でも問題をクリアできていますし、VIOラインのことを個別に相談する必要もないということで、精神的にも楽になっています。なので、全身脱毛でも特に大きな障害にはならなくなったと言っていいでしょう。

 

 

どうして間隔を置かないといけないの?

 

 

全身脱毛を早くしたいと考えている方は、どうして1ヶ月も間隔を置かないといけないのかと疑問に思うでしょう。これはもっともですが、ムダ毛には毛周期というものがあります。

 

これは毛が生え変わる周期のことですが、このタイミングに合わせて、一度処理した部分が生えてくる頃を再度狙って脱毛する必要があります。まだ生えてきていない時にいくら照射しても、肌を痛めるだけでなんの意味もないわけですね。

 

なので、そうしたタイミングを狙うとどうしても1ヶ月は間隔を置かないといけないわけです。また、もちろん肌への負担を軽減するためでもあります。こうしたことを考えると、やはり平均1年はかかると考えていいでしょう。